愛から世界をみる

じゅんじゅんと奇跡のコースを学ぶ。
一言で表現するとこんな感じかな。

zoomとリアルとあって、どちらにしたいか自分と対話してリアルにした。

そしたら、一緒に受けるはずだった人たちがコロナ疑いとなり、私一人になってしまった。
贅沢だと思った反面、他の人の話も楽しみにしていたからちょっと複雑な気分。

とはいえ、当日はパスタもじゅんじゅんのイタリアのお話も楽しんだ。

でも質問とか悩みがない状態で来てしまったから、せっかくの機会なのにこれといって聞きたいことがなくてね。

私が叶えたいことって、「お金がもっと欲しい」なんだよね。
お金があればいろいろな事に対して選択肢が増えるし、安心感が生まれるから。

「じゃあ、お金がたくさんあったら何したい?」

というじゅんじゅんから質問されて、固まってしまった。

『私が欲しいものって何だろう?お金で叶えたいことって何だろう?』

まずは広い家に住みたい。
我が家には2匹のサビ猫がいて、下の子の元気っぷりを見ては、広い家で思い切り走り回っているのを見たいな。っていつも思っている。キャットウォークとか付けて、高いところも歩かせたい。
そしてお金の心配をせずに暮らしたい。

これは前から思っていたこと。

でも、それ以外って、家電を新しいものに交換したいとか、美味しいものをお金を気にせず食べたいとか、値段を気にせず買い物したいとか。

お金がなくても、やりたいことは今すぐやれ!と心の界隈ではよく言うけど、別にお金がないなら、やらなくてもいいやって思う。どうしてもやりたいことじゃないし。家電類は壊れたら買うけどさ。

子供の頃からの、狭い賃貸暮らしが嫌で広い家への憧れが強いけど、それ以外って困っていることとかないな〜って気づいた。広い家に住めなかったのは、父親の稼ぎが悪いからと母親が常に言ってたことで、「お金がない」も「広い家に住めない」のも親からの刷り込みでしかない。

パートナーはいないけど、いたらデートする時間とお金がもったいないって思っているし、お金の心配をしなくて済むためにパートナーがいたらいいなくらいの事しか考えてない。

友達もいないけど別に寂しくないし、仕事にも大きな不満はないし、コロナ禍でもなんら変わらず仕事に行ってたし。

なんだ、私ってすごく恵まれてて、幸せじゃん!

さて、広い家と猫のことを話して、じゅんじゅんが出したアドバイスは、「のびのび暮らしている猫が見たいんだね。じゃあまず、ひとみん(私のこと)がのびのびしようか」

私がのびのびするか・・・。
って心がのびのび?体がのびのび?どうしたらのびのびできるかな?

緑がたくさんある所に行きたいな。
最近は植物とお話するのが楽しい。空からのエネルギーを感じるのが楽しい。
自然はもう次の時代に移っているから、困った時は植物に聞いている。

その夜、再放送されている水曜どうでしょうを見てたら、

「今日も一日のび〜のびっと。大泉茶タイツ、青タイツ、黄タイツでした」
(激闘!西表島の前枠、後枠に出てくるトリオ・ザ・タイツ)

あ、のびのびあった。
違(笑