何食べ観るとおうちご飯が食べたくなる

劇場版、きのう何食べた?観てきたよ。笑いあり、涙ありで面白かった!!

私、ドラマを見てた時もなったけど、あれを見るとおうちご飯を作って食べたくなる!

ジルベールはシロさんのご飯を「おばちゃんみたいな地味なご飯」というような表現するけど、子供の頃の家のご飯が味覚のベースになるよね。

大人になって、ジャンクや贅沢な物を食べても、結局は家の味に戻る人がほとんどではないかと。

さて、今回も核心を突いたセリフが出てきてね。

家族やパートナーと本音で話さないと、誰と本音で話すの?

(結婚して)子供(を作ること)ってそんなに大事?

ホントそれ!

でもね、パートナーや家族の前に、自分自身とも本音で話せるようにね。そうすると他人とも本音で話せるようになる。

本音は人を傷つけない、とは頭では知ってるけど、まだ体感としては感じられないかも。

子供を作るのは、未来を作っていく上で大事だとは思うけど、孫の顔見たさに言うのは親の都合だから、言われていい気分はしないね。

孫の顔が見たい、女は結婚して子育てして一人前。それって、親の都合や親が昔植え付けられた考えだからね。今の時代には合わない。

親のためじゃなくて、自分はどうしたいのか?

ゲイならではの問題もあるけど、シロさんとケンジ、それぞれ相手の事が大好きで、思いやりを持って接していて、理想のカップルだよ。

あれはゲイとか関係ないよね。

相手が病気かもってなったら心配するし、親との関係で悩んでたら心配する。

シロさんのお母さんは、息子がゲイなのも、ケンジの事も受け入れられないけど、それでも息子の事を大切に想い、その息子が大事に想ってるケンジを大切にしなさいと言うのは親の愛だなって思った。

ゲイカップルが主役で、ゲイならではの悩みも出てくるけど、これは今の時代のホームドラマだね。