性別のない世界

今回のプロマスはセクシャリティのお話。

生きるのに息苦しさを感じる理由の一つとして、性別がある。

男とはこうあるもの、こうあるべき。

女とはこうあるもの、こうあるべき。

これらは、これからの時代はいらないから捨てていいもの。

いつまでも握りしめていると、男だから、女だからという細い綱の上を歩いているようなもの。

社会的、肉体的、心的に性別に囚われず、男でも女らしいところがあってもいいし、女でも男らしいところがあってもいい。

こうあるべきをどう手放していくか?

将来は性別の境目が曖昧になっていくだろうと。

まじめな性のお話って、なかなかする機会がないからすごく面白かったよ。

アイキャッチは、ゆみの自分満たし中の写真😆

写真を撮る習慣がなかなか身に付かなくてねぇ。