愛情は分けるものではない

コバの起業支援に行った時のこと。

後輩期のともえちゃんと、ペットの話をしていて、

ペットを飼うのは羨ましいと思う。

というようなことを言ったから、ペット禁止なら、植物を育ててもいいんじゃない?

と返した。

そしたら、

自分のことやって、仕事もして、猫たちの世話もして。そうやって自分以外の何かに愛情を注げるのがすごいなって。

というような事を言われた(ちょっと記憶が曖昧…)

そうなんだ!

植物は、今は猫がいるから置いてないけど、前は小さな観葉植物を置いてたけど、すぐ枯らしてたな。

あれこれ気にしすぎて、構いすぎたのかも😆

猫たちにも、心配性と過保護な面が出てるらしく、ハートリンクセッションの練習で、何人かに指摘された。

気にしすぎて、相手にとってはエネルギー過多になりがちだけど、自分以外に愛情を向けるのは全く苦にならない。

左:マリー、右手:デイジー

もちろん好きなものだけね。

ともえちゃんも言ってたけど、愛情て、100あるのを少しずつ分けるのではなく、みんなに100を注げるんだよね。

猫たちに愛情を注ぐことに対して、何も考えてこなかったから、そういう見方もあるんだと新しい発見だった。

私は、与える人なのかな。

だったら、もっと豊かになれるはすだ!

今日も読んでくれてありがとう☆毎日に幸せを。