mac処分に四苦八苦

とーっても古いmacをいい加減処分しようと、本日頑張りました!

iBook G4です。2005年?とか言われたかな。

現役を退いてからはネットに繋がず、スタンドアロンで使っていたけど、それも引退し、数ヶ月放置。

久しぶりに電源を入れたら、バッテリー0%、日付がリセットされてた。

データは既に全部消してるし、あとは初期化だけ、

だったのが、インストールCDからもネットワークからも起動できず。

初期化ができない!と困ってサポートに電話。

そしたら、古すぎて資料とかがないって。

ま、そーだよね。

で、もう一度、インストールCDから起動できるかやってみたけどダメで、廃棄するだけだって言ったら、新しい管理者を作成し、その管理者を使って、今までの管理者を削除するという方法を教えてもらった。

これで、前の管理者のデータは全て削除。

やっぱり、サポートに聞くのが早い!
ありがとう対応してくれたお兄ちゃん(かな?)

あとは、Appleからリサイクルの手続きをして、パソコンを送れば完了。

あ、mac使ってる人、PCリサイクルシール、ちゃんと持ってるかな?
2003年10月以降は、必ず箱に入ってるからね。

これがないと、リサイクルするのに、3〜4000円の処分料がかかるよ。

って、私1枚なくしたんだよね。多分捨てちゃった。

でも、リサイクルシール封入の対象機種なら、払わなくても大丈夫な場合もあるみたい。なぜなら、購入価格にリサイクル料も入っているらしい。

だから、リサイクルをネットで申し込む時か、わからなければサポートに問い合わせれば、無料で引き取ってくれるみたい。

今回処分するのはシールがあるからいいけど、次処分対象になるのを無くしたんだよね。

だから、この記事はその時のための覚書の意味もある。