猫の慢性腎臓病セミナー後編

先月受けた、猫専門病院の服部幸先生のセミナーの後編。

後編では、腎臓病の治療について。
腎臓病は、一つの薬をあげれば良いわけではなく、いろんな方面から悪化を防ぐ必要がある。

よく言われる、リンとは何か、なぜ抑えないといけないのか、その方法は?

腎臓病の療法食とはどういうものか、食べない時はどうすればいいか、若い子にあげていいのか?

療法食って、なかなか食べてくれない場合が多い。
食べないときの対処法をいくつか紹介していて、腎臓病に限らず、役に立つなと思った。

脱水もするから、飲水量の増やし方、水ならどんな物でもいいのかなど。
猫は自分から水はあまり飲まないから、これも病気に関係なく実践していきたい。

家で皮下点滴をするときの工夫、サプリメントについてなどなど。

猫は腎臓病になる確率が高く、いろんな方面から、その子にあった治療を行っていくもの。そのための本当に役に立つ知識をたくさん教えてもらえた。