今の当たり前は、本当の当たり前じゃない

お金は愛。

本田晃一さんの本を読んでて、はっと思った。

お米はスーパーに行けば買える。

それは、農家さんが育てて、トラックなどで運ばれ、スーパーに並ぶ。

かなりざっくりだけど、これだけでも、農家さん、トラックの運転手さん、スーパーで働く人たち、

いろんな人が働いてくれるおかげで、自分でお米を育てる必要がない。
スーパーで買って、炊くだけ。

たくさんの人が関わっているのに、一袋数千円でお米が買えるってすごいよね。

当たり前だけど、本当の当たり前じゃない。

お金は感謝との交換。

愛です。

税金だって、誰かの給料になって、その人たちが生活のために使い、支払った先でまた誰かの給料になって、その人たちが生活のために使っていく。

そして、回り回ってまた自分の所に戻ってくる。

ずっと循環するもの。

だから、流れを止めちゃいけない。

感謝と共に支払えば、感謝と共に戻ってくる。

そう考えれば、お金を使うことに罪悪感や恐れは少なくなると思うよ。