エアコン実験中

夜は、めっちゃ快適になった。
が、しかし!
昼間は寒い。寒すぎる!

一度は解決したかに思えた、新しいエアコン問題。
まだ終わってなかった。

昼間はどうしてもガンガンに冷えてしまう。
設定温度を上げると、湿度が上がりすぎてしまう。

寒いか暑いか両極端。

さて、どうする?

「エアコン冷えすぎ」でいろいろ検索して、ある人がやっていたのを真似してみることにした。

これがそれ。

見た目はよろしくないけど、温度センサーのところに吹き出し口から出た風がいくようにした。

昨夜より実験中。

センサー脇に温湿度計もくっつけてみた。

当たり前だけど、床に置いたものと室温も湿度も違う。

たまに一致する時もあるけど、上の方は湿度が高め。

でね、不思議なのが、センサーの温度は26.5℃なのに、リモコンで表示される室温は28.5℃なの。なんで?なんか計算されてる?

エアコンは不思議ちゃんだわ。

なんで、こんな事をしているかというと、もちろん自分が快適に過ごしたいのもあるけど、一番は猫のため。

昼間、24℃まで冷えたら体調崩すでしょ。
室温28℃くらい、湿度50%台が猫にはちょうどいい。
人にはちょっと暑い。
もちろん個体差はあるけど、それくらいがいいとされてる。

家の中にはあったかエリアもあるけど、このエアコンで冷えすぎると、家全体が冷えすぎるのよ。そんなに広い家じゃないから。

最近のエアコンは、省エネに偏ってるから、除湿してもめちゃ冷える。
快適に除湿をしようとすると、暖房並みに電気代がかかるから。
メーカーも電気代を安く抑えて除湿できるよう作っているんだろうけど、消費者のニーズが省エネに偏っている結果だろう。

個人的には、電気代が高くなっても、除湿と室温の設定がきちんとできるものが欲しい。